人間も含め、この世のすべての生き物は同じように生まれ、老い、病み、いつかは死を迎えます。
 
硬い鉄や金属でできている物でも長い間使っていると摩耗したり腐敗し、破損します。
 
すべてのものについて話をしますと、何でもきちんと修理、メンテナンスをすれば寿命も延びるのであります。
例えば、昔は掘った井戸の水を飲み水としたり、水浴びに使っていました。
何年も使いっぱなしにしていたら、水は枯れてしまいますが、途中で修理をしたり、新たに掘るなどしてメンテナンスをすれば同じようにずっと使えるのです。
 
自動車も同じです。新車を買って最初は快適です。座り心地もいいし、音も静かですが、1~2か月も乗り続けているとオイル交換をしなくてはならなくなります。
運転する前に水、電気系統、ホイール、クラッチ、ブレーキ等すべてのシステムもチェックしなくてはなりません。
 
チェックを怠ると問題が必ず出てきたり、システムがちゃんと働かなくなってきます。
それにもし、ガソリンが流れ出るのをふさいでしまったら、車は正常な働きをしなくなり、動きも悪くなります。
 
もし、後ろで大きな音がしたらグリースが乾いているか破損しているかなので、グリースを注入して解決しなければなりません。
 
車の運転と人とを比べても同じです。
最近、ほとんどの人が痛みを「止める」という方法しか知りません。
例えば、頭痛がすれば痛み止めの薬を飲んで痛みを抑えるというように。
そのほか、いろいろな筋肉が痛くなればやはり痛み止めを飲んだり、時には筋肉弛緩剤を飲んだりします。
 
自分で自分が健康になる為の調整、改善する方法をあまり知らないし、したことがないのです。
 
もし、自分で自分の身体の調整や改善の方法を知っていれば、身体は健康で耐久性に富み、とても効率よく使い物になるのです。
 
その術を知っている人は自分自身で健康な身体に改善し、それを維持することができるのです。
 
これを読んで健康になる為に研究しはじめてみるのはいかがでしょうか?
 
私達の身体の発生場所は、仏教の道徳・規則から「身体のすべての器官は遠い祖先から受け継がれてきている」とされています。
そして身体は万物を構成する4つの要素(土、水、風、火)からできています。
それを「マヌ」と呼びます。
 
「マヌ」とは人の意味で、男性、女性を表しています。
 
4つの要素(土、水、風、火)から「マヌ」ができあがり、「人」となるのです。
 
例えば、「この症状は土の要素が関係して起こっている」とか、「この症状は水の要素が関係して起こっている」など、症状の発生場所が4つの要素に起因しているというのがその土地固有の村医者(モープンバーン)の見方であります。
※ただし、すべての村医者がこのような見方をするわけではないことをお断りしておきます。
長く使うためには修理・改善が必要であり、きちんとメンテナンスをすれば効率よく長持ちするのであります。
 
私達は身体をきちんと整えていればいい健康状態でいられるのです。
健康であれば身体も能率がよく、病気にもならず、熱や痛みも避けることができるのです。もし、免疫力が高ければ、病気にかかりにくく、なったとしても進行は遅いのです。
 
身体をきちんと整えてさえいれば、たとえ具合が悪くなったとしても治療は簡単なのです。なぜなら身体は虚弱なわけではないからです。
 
もし、身体が虚弱で健康でなければ病気を持っている場合、症状は悪化し、病気でなくとも病気が体内に侵入しやすくなるのです。
 
なぜなら病気に対する免疫力が弱くなっているため、いろいろな病気にかかりやすいのです。
 
しかし、ほとんどの人々は健康に問題が起こったり、病気になったりするや否やすぐに病院の医師を訪ねることに考えを及ぼしてしまいます。
 
最後に症状が重くなってしかたなく現代医学の医師を訪ねると、症状を抑える薬を処方するか、注射を打つだけで何も説明がない場合もあるのです。
 
もし、今以上に自分の健康に関心を持つならば、身体を動かす(適度な運動をする)時間を作ってあげることです。
 
そうすれば身体は軽快で丈夫であり、病も快方に向かいやる気(気力)も出てきます。
 
 
健康になる方法
1.適度な運動をして体調を整える。
2.精神状態(ココロの状態)を整える。
3.生活環境を整える。
4.自然と共生する。
 
以上の4つができていれば身体は健康で満ち溢れ、既に健康であればそれが一番いい状態になります。
昔は農業を職業としている人が多く、多くの人たちが長生きをしました。
現在のように農作業をする機械もなくすべて手作業でした。
 
タイの農民は先祖から受け継がれた身体を整える方法を持っており、それによって身体は健康でした。
 
地方の人も都会の人も昔は農業をしていました。道徳を重んじ、文化、しきたりを尊敬し、仏教の教えに従ってきました。
 
「農業」という日々の暮らしの中に身体を動かす(運動する)ことや、自然治癒力が備わっていたのです。
 
掘ったり、耕したり、蒔いたり、田んぼ、畑仕事で身体を充分に動かした後、夕方くたびれて家に帰るとサムンプライ(薬効成分のある植物)を煎じた薬湯をみんなで飲み、時にはお互いにマッサージをしあいました。
 
身体の整え方について、相談したり、時には楽しく語りあいながら常民の中にあるこの身体の整え方に従っていたのです。
 
仏日(仏教徒の聖日で陰暦の8日、15日、23日と月末の日で昔はこの日が今の日曜日のような休みの日)には仕事を休んで皆でお寺へお布施をしに行き、お坊さんの説教を聞き、心、精神をきれいさっぱりときちんとしたものです。
今のように競争ばかりしているのではなく昔は皆で助け合ったのです。
 
身体の手入れをきちんとおこなうということは、女性が外出時に肌のお手入れをしてきれいにお化粧するということと似ています。
肌のケアをしてお化粧をきれいにすれば更に美しくなりますが、何もしなければそれなりなのです。
身体もそれと同じできちんとケアすることが重要なのです。
 
「老若男女」ともに同じです。土、水、風、火の4つの要素の改善と身体を整える方法をいくつか探してみましょう。
方法が見つかれば身体は軽快、活発で丈夫になり、心はウキウキし、仕事も気持ち良くでき、健康面でのストレスもなくなるのです。
4つの要素の改善の仕方、自分で体調を整える方法。私、コムペットの知っている5つの方法を試してみてくださいね。
 
 
1.     4つの要素の改善と身体を整える最初の段階は、すなわち身体を動かす、体操をすることです。
例えば、走る、ウォーキング、いろいろな踊りを踊る、ラムマーイポーン(木の棒を使った体操の一種)、ラムプルーン(イサーン地方の踊りで身体にとても良い動きをし、汗もたくさん出る)など、好みに応じてしてください。
 
いいリズム(テンポ)の踊りは若い人であれば汗がたくさん出ます。
筋肉は緩み、踊ることで身体の揺れも多く、そうすることは身体のすべてにおいて働きが良くなるのです。
 
毎回少しずつ動く量を増やしていくことです。決して急にたくさんしないこと。
長く続けていくことは体調を整えるのにとても良い結果をもたらすのです。
 
 
2.4つの要素の改善と身体を整える第2段階は食生活に関することです。
  ・規則正しい時間に食べる。
  ・身体に有効なものを食べる。
  ・常に身体に役立つ食事を摂る。
 
 3つ目の「常に身体に役立つ食事を摂る」ということについて説明いたしますと、森や林から植物(野菜)やその実などを集めてきたり、田畑や家庭菜園で採れた物でもいいのです。
 大部分は質の良いその土地固有の果物や薬草です。
 もしくは市場から買ってきたものでも構いません。きれいに洗って食します。
 
  ・4つの要素に従って病気に有害でない物を食べる。
  ・肉、魚、野菜、果物、卵、その時季(旬)の物を食べる。
 
 このようにするのが4つの要素の改善と身体を整える食事の仕方です。
 
 
3.4つの要素の改善と身体を整えるの第3段階はその土地固有のマッサージ、または伝統的マッサージを受けることです。
 
身体構造とバランス改善のための骨を整えるトークセンマッサージも効果的です。
例えば、「土」の要素が高かったり、不足すると「土」に関連する部分の健康に問題が起きてきます。
 
例えば骨、セン、腱、髪、毛、爪、歯、皮膚、筋肉などですが、これ以外にももし他の要素も高すぎたり、不足したりするとそれに伴った問題が重なって一緒に併発します。
 
もし下半身または上半身に問題がある場合、
l  首の痛み
l  首の痛みから頭まで上がってくる痛み
l  肩の痛み
l  腕の痛みとしびれ
l  首が硬くて左右に向くことができない、つまりがある
l  頭を前後に曲げられない
l  背中、腰、臀部の痛み、脚のしびれ
l  膝の問題(痛む、力が入らない、曲げ伸ばしすると音がする、歩くと痛みがある)
こんな場合、アドバイスとしては、古式マッサージ、その土地の固有のマッサージ、トークセン・ジャットクラドゥーク(身体構造とバランス改善の為の骨を整えるトークセンマッサージ)がとても役立ちます。
筋肉は柔らかく緩み、働きが良くなり、問題のあった症状が緩和され、状態が良くなります。
 
4.     4つの要素の改善と身体を整える第4段階はその土地固有の薬効成分のあるサムンプライを飲むことです。
   例えば、風の要素が高すぎたり、不足すると発疹を伴う熱病の一種にかかることもあります。
顔面麻痺を起こることもあります。または口のゆがみ等、いろいろな症状があります。その場合、サムンプライを煎じたり、すったり、薬草サウナを利用します。
7日以内に効果が出てきます(特に口のゆがみ)。
 
そのほかの問題では、いろいろな症状に応じてサムンプライの飲用、マッサージ、トークセン・ジャットクラドゥーク、パオ(吹く施術)、薬草サウナ、ハーバルボール、イヤップファイ(熱した足裏で患部を踏む)のいずれかを決めます。
 
またはいろいろな儀式をおこないます。
 
古式マッサージ、その土地固有のマッサージ、トークセン・ジャットクラドゥーク、その土地固有の薬草の使用、これらは何日か経つと自分の身体にとって合っているか否かがご自身でわかるようになります。
 
現在の問題は、私達の身体にとってそれは良いのか、そうではないのか、です。
なぜなら4つの要素、または人の身体の健康問題は人によってそれぞれ違うからです。
時には人によって病気を複数併発する場合もあるし、そうでない人もいます。
 
モープンバーン(その土地の村医者)タイ国内の村々にたくさんいますが、施術の方法を少ししか知らない人もいれば、いろいろな方法を知っている人もいてそれぞれに違います。
 
人によっては社会に人助けを表示する場合もありますし、沈黙を守っている場合もあります。
人によっては呪術のことを知っていたり、トークセン、ジャップセンのことを知っていたり、いろいろな儀式のことを知っている場合があります。
 
勉強・研究してきた人であればほとんどの人がサムンプライのことは知っています。
 
 
タイ方医と村医者とは違う種類なのです。
タイ方医の医者は勉強を終え試験に受かると免許(資格)証がでます。
モープンバーン(村医者)は先祖代々からの偉大な知恵・知識を継承してきています。古くからのその偉大な知恵はその土地において、昔から今まで長く使われてきました。
 
5.     4つの要素の改善と身体を整える第5段階はタンブン(お布施)に行き、受難者、不幸な人に福分、善根を分け捧げることです。僧の説法を聞き、心配事や悩み事など問題があれば、ひとりで考え込まずにほかの人に相談すると解決できることがあります。そうした方がストレスがたまらずに健康を害することも少ないのです。
 
ひとりで考えることも時には良いのですが、時には自分一人では解決策が見つからないこともあります。
 
一番大事なのは考えすぎて頭を痛めないこと。ストレスをためないこと。
 
なぜならストレスはいろいろな問題を誘導するからです。
健康問題の中の約50%はストレスからきているといっても過言ではありません。
 
以上の5つの方法をぜひ試してみてください。
4つの要素の改善と身体を整えるということをやるか否かが貴方にとって役に立つことなのです。
 
特に健康に問題のない人は第1段階(適度な運動)と第2段階(食事法)だけをおこなえばいいのです。
第5段階のタンブンもおこなえば更にいいです。
 
健康に問題が出てきたらまず、第3段階(マッサージ)と第4段階(サムンプライ服用)をおこない第5段階のタンブンも合わせておこなうと更にいいです。
その後、第2段階も合わせておこない、健康を取り戻したら第1段階もおこないます。
第5段階のタンブンはいつの状態でもおこなうといいものです。
 
 
その土地特有の薬効成分のある植物は地方、山岳民族によって、またはその場所によって呼び名がそれぞれに違うし用い方も儀式の主宰者によって違います。
 
同じ場合もあります。それば同じ所で勉強してきた場合です。
役に立つ、信用できるところ、要するにモープンバーン(村医者)の基準によって効果がさまざまなのであります。
 
例えばマッサージにはいろいろな教科書があり、スタイルがあります。
ジャップセン、リートセン、症状軽減、スパ、たくさんの種類があるのでご自分の好きなところで行けばいいと思います。
 
トークセンもあります。ランナースタイル(リラクゼーション目的)はほかの場所にもたくさんありますが、トークセン・ジャットクラドゥーク(身体構造とバランス改善の為の骨を整えるマッサージ)をおこなうのはタイ国内でも私、コムペット一人だけです。

 

 大衆の健康のための民間医師団体による民間知識学習センター



komphetch@yahoo.co.th

yayasunny78@yahoo.jp